自身のキャリアの棚卸しや転職先に望む条件を整理したら、次はいよいよ求人情報探しになります。
医師転職を成功させるにはこの情報探しがかなり重要です。

医師求人を探すためにはいくつか方法がありますが、代表的なものにハローワークや転職専門サイト、知人や友人からの転職情報(紹介)が上げられます。
それらの方法についてメリットやデメリットをまとめていますので、参考にしてください。

  ハローワークでの情報収集

医師だけではなく一般の方も「いざ転職」となれば一番先に思い浮かぶのがハローワークでしょう。
無償で使える公的サービスですし、たくさんの求人情報が集まってきます。
ところがこの場合、インターネットで求人検索は出来ますが、登録は実際にハローワークに出向かなければなりませんし、良い求人が見つかれば同様に窓口へ足を運ぶ必要があります。

ただでさえ忙しい医師が仕事を休んでハロワに足しげく通うのはとても現実的ではありませんし、出入りしている場面を同僚や上司、病院関係者から目撃されると「あの先生、転職しようとしている」とバレてしまいます。
リスクの高い方法かもしれません。

またハローワークでは求人情報に「この求人はブラック病院」「この求人は優良」という表示もありません。
条件に当てはまる求人を探すのは可能ですが、ブラック病院に当たってしまう可能性もあります。

  転職専門サイトでの情報収集

転職専門サイトでは医師転職のプロであるコンサルタントが常駐し条件に合った求人情報を紹介するのはもちろん、今後の方向性やキャリア形成に対する悩みや不安などに親身になって対応します。
「転職すべきかどうか」で悩んでいる方、現職の環境が他の職場と比べてどうなのか分からない方、また病院情報を収集する目的だけであっても利用出来ます。

一度会員登録したら絶対に転職しなければならない、という事はありません。
相談だけでも利用出来るのが転職専門サイトのメリットです。

  友人や知人からの紹介

医師によっては求人情報を医師仲間や先輩、友人、知人に教えてもらう方もいるでしょう。
紹介者の身分や立場によっては有利な条件で転職出来る可能性がある一方、万一ブラック病院であった場合に断りにくいというデメリットもあります。

実際に先輩医師から「俺の勤務する職場で一緒に働こう」と誘われて転職してみたら先輩医師の評判がかなり悪く、肩身の狭い思いをした方もいます。
求人情報を教えてもらえるのはありがたい事ですが、転職先の病院、その実態や内部状況が分からない以上二つ返事で受け入れてはいけません。