医師転職成功のためには面接突破がかなり重要です。
希望する転職先に入職出来るかどうかは面接にかかっていると言っても過言ではありません。

ただ面接の前に必ずあるのが「書類選考」。
この書類選考で落とされ面接まで辿り着けない医師もいます。
確実に面接までもっていける履歴書や職務経歴書は、一体どう書けばいいのでしょうか?

  履歴書の書き方ポイント

履歴書は手書きが良いと言われていますが、PCで作成されたものであっても問題ありません。
履歴書は正確に記入するのが鉄則ですので、住所は番地や建物名を勝手に省略せず正確に記入しましょう。

写真は決められたサイズで、スマホで撮影したようなラフな写真は避けてください。
スーツなどフォーマルな服装で3ヶ月以内に撮影されたものを使用します。
履歴書は自己PRのためのものなので、業績よりも自己PRや志望動機、趣味、特技、本人希望欄に力を入れてください。

「入職後にこんな事がしたい」「このような医師として活躍したい」というビジョンが見える自己PRが理想です。
趣味や特技も忘れずに記入してください。
面接時に面接官と話しのネタになる事もあります。

  職務経歴書書き方ポイント

履歴書が自己PRの場であるなら、職務経歴書はスキルや実績をPRするものです。
A4の用紙2~3枚にプロフィール・免許・資格・職歴・所属学会など・手術執刀経験・主な研究論文・外来や入院での受け持ち患者数を分かりやすく記入し、まとめていきます。
現状は職務経歴書を必要としない病院の方が多数派ですが、転職成功のためには自分を売り込む事が大切です。
特に実績やスキルに自信のある医師は別途職務経歴書を作成し、採用担当者に強く自己アピールしましょう。
他の医師と差別化を図る意味でも、自身の業績・経歴・保有資格などをハッキリ分かるように提示すべきです。

  厳しい第三者の目でチェック

履歴書や職務経歴書は書類選考突破の最重要項目です。
いい加減な書類を作ると不採用になりかねません。
ところが履歴書を作成した医師本人は「よし、良くできたぞ」と自己満足してしまう可能性があります。
準備してやっとの思いで作成した応募書類ですから「これで良い」と思えるはずです。

ところが第三者から見ると分かりにくい点があったり説明が足りない所など不備が見えてきます。
履歴書や職務経歴書を作成したら、一度、家族や知人にチェックしてもらう方が良いです。
ただし職務経歴書は医学の知識のない方が見ても理解しにくいので、出来れば転職のプロに添削してもらいたい所です。

医師専門の転職支援サイトコンサルタントであれば「症例はもっと具体的に」「詳しい数字を記入してください」など、採用担当者がおもわず面接したくなる応募書類作成のためにアドバイスしてくれます。