ひと昔前、医師の転職には履歴書や職務経歴書などは必要なく、面接も形だけのものでスムーズに転職出来ていました。
ところが時代が変わり、例え医師であってもきちんとした身なりで面接を受け、社会常識のある礼儀正しい人物である事をアピールしなければ採用してもらえません。

そこで医師が面接突破するためには、最低限社会常識や面接のマナーを身につけなければならないのです。
けれど医師は専門職。面接時の服装や持ち物、マナーなどをしっかり教えてくれる人もいませんし学ぶ機会もありません。

ではどうすれば面接を突破する事が出来るのでしょうか?
その答えは「経験豊富なアドバイザーを見つける事」です。

  医師転職が成功するかどうかは面接次第

医師が転職を成功させようと思えば、やはり面接突破は最重要課題でしょう。
どれだけ素晴らしい応募書類を書いたとしても、肝心の医師にマナーがなく非常識な言動を繰り返す場合は不採用になる可能性が高くなります。

また面接自体に不慣れな医師も少なくないため、緊張してしまい思ったように受け答え出来ない可能性もあります。
自分の実力を100%発揮出来ないまま面接が終わるのはやはり悔しいものです。

そこで面接を成功させるためにはあらかじめ質問内容を想定して返事をする練習や、実際に面接室に入室して退出するまでをイメージして何度も動作の練習をする事です。
入念な準備なくして医師転職は成功しません。

  コンサルタントを味方につける

医師は医療のプロであっても転職のプロではありません。
そこで転職のプロである転職支援サイトのコンサルタントにアドバイスをもらう方法があります。
希望する病院の面接傾向や聞かれやすい事、面接時のマナーや服装、靴、髪型、持ち物など細かい部分までアドバイスが可能です。

「面接はスーツで行くつもりだが、どんな色なら無難なのか?」
「どんな質問をされやすいのか?」
分からない事があればどんどん質問出来ます。
不安点・疑問点は出来るだけ解消して面接に臨みましょう。

  質問内容を想定して練習する

面接で聞かれる質問はある程度決まっています。

「自己紹介をお願いします」
「ご自身の長所と短所について」
「志望理由を教えてください」
「前職での失敗はありますか?」
「今までの実績で誇れるものはありますか?」

このような質問に対して淀みなく答えられるように、事前に練習しておくのがベストです。

一人で練習する事も出来ますが、ご家族や友人に面接官役をお願いして事前に練習しておくと良いですね。
面接は一度だけですので、後悔しないように入念な準備を行いましょう。