面接終了後、無事に内定の連絡をもらったら次にすることは退職手続きです。
ただし昨今は医師不足が深刻な病院も多数ありますので、引き留めに遭う可能性も高いでしょう。
それではトラブルを出来るだけ起こさずスムーズに退職するためには、どのような配慮が必要なのでしょうか?

  まずは直属の上司に報告する

円滑に職場を去るには、いきなり「明日仕事を辞めます」といったような自分本位の去り方はNGです。
まずは事前に直属の上司に「仕事を辞める意思」をきちんと伝える事から始まります。

上司によってはすぐに引き留めるケースもあるようでうが、そこで自分の意思を曲げてしまうと転職は成功しません。
退職の理由としては、「開業準備のため」「親の介護のため」「転科したい」「キャリアアップ」など自己都合が基本。
間違っても「この病院の給与が安過ぎるから」「人間関係が最悪だから」「休みが少ない」など、病院側に原因があるような言い方をしてはいけません。

また、普段から周囲のスタッフに「給与が安すぎるから辞める」というような話しをしないようにしておきましょう。
院内は狭いのですぐに「あの先生は安月給が不満で辞めるようだ」と噂になり、揉める元になってしまいます。
円満に仕事を辞めるためには、周囲に本音を漏らさないのが基本です。

  後任が見つからない・仕事を辞めさせてくれない

医師不足の病院では、簡単に辞めさせてくれないケースも十分に考えられます。
ただそうは言っても病院の事情に合わせて退職日が決まらないようでは困りますね。
内定をもらっている以上、うやむやにされるわけにはいきません。

職場を辞めさせてもらえない場合、医師専門の転職サイトのコンサルタントに対処法を聞いてみましょう。
年間多くの医師の転職をサポートしていますので「退職届を受けとってもらえない」「上司から辞めないでくれと泣きつかれて困っている」などの相談に対して、効果的な対応策を教えてもらえるでしょう。

  仕事を辞める事が決定したら

無事に退職日が決定したら、後は後任の医師への引継ぎや職場の片付け期間となります。
引継ぎは後任の医師が主導する事が出来ないので、転職する医師がスケジュールを作成して率先して行動する必要があるでしょう。

退職日まで病院への不満や愚痴はこぼさないように。
気持ちよく職場を去るためには周囲の方々への配慮を忘れないでください。

職場を去るにあたって返却しなければならない物(貸与されていた白衣や携帯電話など)や逆に返却される書類などがありますので、忘れずに受け取っておきましょう。
後日郵送で送られる書類もありますので、どんな物が手元に返ってくるのか確認しておくとスムーズです。